目に優しい!BenQ 31.5型 4K HDRアイケアディスプレイ EW3270Uを体験!【AD】

  • 2018-9-6
  • 目に優しい!BenQ 31.5型 4K HDRアイケアディスプレイ EW3270Uを体験!【AD】 はコメントを受け付けていません。

レビューズモニター参加中

みなさんこんにちは!あやにーです。
先日ブログでもご紹介した通り、とにかく「目を大切に!」という意識を持ちながら
対策を行なっています。以前の記事はこちら→http://ayanie.net/blog/2668

そんな中で、今回BenQさんからアイケアに特化したディスプレイ EW3270Uをお借りできることに。

最新のアイケア技術B.I.+を搭載した4K HDRモデル

4K、HDR対応により、最先端のエンターテインメントコンテンツの魅力を最大限に映し出す「EW3270U」。3000:1の高ネイティブコントラストとDCI-P3カバー率95%の広い色域が特長のVAパネルを採用し、臨場感のある視聴体験をお楽しみいただけます。

普段はMacBook Airをメインのパソコンとして使用していますが
今回はそのパソコンをつないで、実際に大きなモニターで仕事をしてみることに。
目に優しいとのことですが、実際に効果があるのか?という点でもレポートして行きます。

 

①サイズは31.5インチ!見やすいワイド画面

 

今回のモニター31.5インチ、4Kと普段ノートパソコンとは比べられないほど鮮明なモニターです。
(フレーム部分合わせ、モニター部分はタテ43センチ×ヨコ72.5センチです)
組み立ても簡単で設置まで5分かかりません。ありがたいシンプル設計。

アイケア搭載ということですが、鮮明さはやはりさすがモニター。
とても綺麗ですし、何より明るさが優しい!
Twitterの全画面表示で、こんな感じに!

②最新のアイケア技術「ブライトネスインテリジェンスプラス」採用!

明るい部分に自然な優しさ(まろやかさのようなものも)、暗い部分には深いながらも透明感を感じることができる「ブライトネスインテリジェンスプラス」が採用されています。

周囲の明るさと色温度を検知して、ディスプレイの設定を自動調整してくれるので長時間映像などを鑑賞するのにもぴったりです。

画面右下のボタンでそのブライトネスインテリジェンス、HDRのオンとオフが切り替えられるので
テキストを見るのか?動画や写真を見るのか?など使い方によって自分でカスタマイズできます。

バックライトのフリッカー(テレビで言うところの点滅)が軽減されているのも、目に優しい理由。

③色の鮮やかさは仕事だけでなく感動のゲーム体験も!

画面の綺麗さは、写真の微調整などにもぴったり。細かい部分を長時間見ることもあるので
優しいライトで苦労が半減!
他社のモニターなどに比べ、かなり正確な色で発色をしているように感じました。
どうしてもモニターによって色が転んでしまうので、これは嬉しい。


みなさんご存知の通り、私はとにかくゲームが好きで「今無職になったらゲーマーになりたい」という
願望まで持っています。
実はBenQのモニターって海外のゲーマーやYouTuberからも評価が高く。
私がBenQのブランドを知ったのは、海外のゲーム実況者が紹介していたことがキッカケでもあったので

お借りできることが決まった瞬間、絶対にやって見たかった
Nintendo Switchにも繋いでプレイしてみました。
パソコンモニターとしても感動しましたが、ゲームのようなアクションのあるものや映画などにも
ぴったりなのがこの「4K HDRアイケアディスプレイ EW3270U」なんですよね。
スプラトゥーンのようなカラフルなゲームには特におすすめです。
個人的にゲーミングモニターとして購入するのもいいなーと思い検討中。
とにかく綺麗だし、一般的なテレビにつなぐよりもずっと良い。
(ゲーム実況とかもしたくなる気持ちわかるなあ)

私は30代になってからぐっと目が疲れるようになったので
できるだけ目に優しいモニターを使うというのは自分の体への負担軽減に繋がりますよね。

アイケアに特化したBenQさんならではのモニターになっています。
ぜひ目が疲れやすくなってきたなあ、と言うみなさん、まずはモニターから変えてみてはいかがでしょうか?

アマゾンからも購入できます!こちらからどうぞ!


BenQ 公式サイト>>http://www.benq.co.jp
商品の詳細>>http://www.benq.co.jp/product/monitor/ew3270u/
BenQ アンバサダープログラム http://matome.agilemedia.jp/benq/

あやにーのTwitter フォローお待ちしています! お仕事のご依頼に関してはこちら

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る