【PR】ロードバイクを新幹線で!はじめての輪行をしてきました!

この記事は、reviews(レビューズ)より依頼した企画です。

皆さんこんにちは、あやにーです。
インスタグラムやTwitterでもたくさん反応をいただいている100kmライドへの挑戦!
自転車部品メーカーである、シマノさんにサポートいただき、引き続き頑張っています。

さて、今回とある案件のためロードバイクを新幹線で東京まで持っていくことに!
はじめての輪行を体験することとなりました。

輪行に必要なものは?

輪行に必要なものは、「輪行バッグ」と呼ばれる、専用のケースです。
自転車のまま電車に乗せることはできませんが、分解しケースに入れることで乗り物へ乗せることが可能になります。

ロードバイクは簡単に分解でき、組み立てることもできるので、遠出して走れるのもメリットのひとつですね。
ただ、今まで自転車を分解して運ぶということをしたことがないので、無事運んだ先で組み立てられるのか、とても不安。
ブレーキ部分外したり、ギアのはめ方が特殊だったりと慣れるまで何度も練習するしかない!とのことで、初体験ではありますが挑戦することに。

今回もニコー製作所さんにお手伝いいただき、なんとか、取り外しから組み立てまで教えていただきました。

実際に新幹線に乗ってみる

自転車自体は、新幹線では、最後列の座席の後ろに置き、ほかの乗客の皆さんに迷惑のかからないようにしなければいけません!
ホームでも同様、混雑している時間はかなり大変だと思います。

すでに「まわりに迷惑をかけていないか」「誰かに盗まれたりしないか」というプレッシャーがすごくて(考えすぎかもしれない)どきどき。
行きは最後列を予約したものの、すでに他の荷物が置かれており、なんと別の車両へ移動することに!涙

さすがにロードバイクを持って10車両近くを移動はできないので、一旦車両を降り、次の新幹線の自由席で向かうことにしました。
輪行初心者の皆さん、ぜひ新幹線では、自由席の隣の指定席車両をお勧めします!!!

次の新幹線では無事座席の後ろに置くことができ、一安心。

無事に東京駅まで運び、さらに組み立てることにも成功!

こちらも組み立てはご迷惑にならない空いたスペースを見つけ組み立てて行きます。これもまた長時間広げていられないし、緊張感…!
あまりの感動に東京駅で写真撮影しました!!!笑

ロードバイクは一般車に比べて、軽いので輪行することで、新しい場所を走ることが出来るのはやっぱり魅力的ですね。
以前ニュージーランドを旅行した時もロードバイクを飛行機で輪行し旅しているという人に出会いました。国内だけでなく、海外でも走れるって、夢がありますよね!挑戦してみたいなぁ。
とはいえ初の輪行は上手く運べないシーンも多くて、気がつくとアザだらけ!涙

早く慣れたいところです。
今回は、初めての輪行だったので輪行徹底ガイド (ヤエスメディアムック452)も、持って行きました。

 

YouTubeなどにも解説動画が、いくつか上がっていて初心者の皆さん、とにかく頑張りましょう!何度もこれは繰り返すしかない!

東京駅にはロードバイクもOKな預かり所が!

さらに、今回は東京駅でロードバイクを輪行バッグに入れ、一時預かりを利用しました。

東京駅には2箇所、ロードバイクも預けることができる手荷物預かり所があります。

1箇所は改札外にあるこちらの東京手ぶら観光手荷物預かり処


1日800円で輪行バッグに入っていれば預かってもらえます。これは便利!またホテルなどへ配送もできるそうです。
またもう1箇所は東京駅内のグランスタにある「手荷物預かり所」

コインロッカーがたくさん設置してあるエリア(グランスタには1箇所しかないです)にあり、こちらは1日600円で預けられます。

どちらもとても便利なので、地方から東京へ輪行される方はお買い物や食事の際とても使えると思います!

8月はさらに今回の100kmライドに挑戦中のメンバーで合同練習も予定されているので、ここでも新しい景色や気持ちとの出会いがあるといいなぁ!との思っています!
引き続きぜひSNSでもご覧いただけると幸いです!

あやにーのTwitter フォローお待ちしています! お仕事のご依頼に関してはこちら

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る